高血圧の症状、めまい肩こり

血圧とは、血液が心臓から流れる際に、血管にかかる圧力のことを指します。血管が固かったり、詰まっているなどの場合は、血液を通そうとしますので、血圧は上がります。また、血液がどろどろなどでスムーズに通らない場合も、同様です。また、このように、血圧が高い状態が続くと、さらに血管の壁は固く厚くなり、より血液の流れを阻害し、血圧の上昇につながります。

血圧が上昇する根本的な原因の多くはわかっていませんが、塩分の取り過ぎや加齢、ストレス、肥満など、生活習慣病にかかわることが原因であることはいばしば言われていますよね。また、親族に血圧が高い人がいる場合は、遺伝的に高血圧になることがあります。


他にも、激しいスポーツをすると、体が酸素を多く必要とするために、血液を多く体に回そうとして、一時的に血圧が上昇しますが、これの状態を取り上げて、血圧の上昇の治療を必要とすることは、まずありません。逆に、有酸素運動などは、血圧の上昇を抑える効果が期待できます。
大切なのは、自分の通常の血圧の状態を知ることです。そのためには、決まった時間に、定期的に血圧の測定をする必要があります。血圧が気になる人は、日ごろから、自分の体の状態を管理できるようにしましょう

高血圧による目眩や肩こり、鼻血など

高血圧には自覚症状はほとんどありません。肩こりや鼻血、吐き気などを訴えて、病院を受診すると、高血圧であると診断されることはありますが、これらは高血圧の確かな症状ではなく、何らかの合併症が原因であることも考えられます。しかし、高血圧との因果関係を完全に否定できるものではありません。高血圧によって血の巡りが悪くなることで、肩凝りが起こります。

高血圧と診断されていて、鼻血が出た場合は、注意が必要です。高血圧の人は、傷ついた血管を修復する際に動脈硬化を起こす可能性がありますので、普通の鼻血とは違うと感じたら、なるべく早く受診するようにしましょう。出血の量が多かったり、頭痛を伴った場合も同様に早い受診が必要です。高血圧の合併症や、その他の重篤な病気が隠れていいる可能性があります。

 

吐き気も同様です。特に、高血圧を抱えた人の激しい吐き気は、脳内の血管に異常がある可能性があります。他にもしびれや、異常な頭痛を感じた場合は、大至急病院を受診しましょう。
高血圧は、自覚症状のほとんどないサイレントキラーと呼ばれる病気です。普段から、自分の血圧を管理し、十分に気を付けた生活を送るようにしてくださいね。

降圧剤とさようならできるかも!>白井田七で血圧コントロール

ページの先頭へ