高血圧の症状、朝・夜 高い症状について

血圧は、いろいろなことが原因で簡単に上下します。1年を通しても、温かい時期は低くなり、寒い時期には低くなると言われています。もちろん、1日のうちでも、血圧は上下しています。寝起きや活動時間、食前食後、入浴後、就寝前など、血圧が変化するポイントがあります。きちんと決められた同じタイミングで、継続して測定することが、健康を管理するうえで非常に大切になってきます。まずは、朝と夜の2回測定する習慣をつけましょう。

朝の血圧測定が良い理由

朝は、血圧が低いと考えがちですが、早朝高血圧ということがあります。早朝高血圧とは、朝、寝起きに血圧が高くなる症状で、交感神経の作用や、ストレス、睡眠時無呼吸症候群など、様々な原因があります。日中には正常値に戻る人も多いので、朝の測定が非常に重要です。朝は比較的同じ状況を作りやすく、継続して数値を取りやすいので、血圧測定に適しています。

逆に、夜の血圧が高くなる人もいます。これも、測定をきちんと行うことで、発見することができます。通常下がるべき血圧が下がらないまま就寝すると、心臓に大きな負担がかかり、心筋梗塞や脳卒中の可能性が高くなります。気になる数値がある場合は、病院で詳しい検査をし、適切な治療を受けるようにしましょう。

動脈硬化 動悸など

血圧が高いだけで、何らかの症状があらわれることはあまりありません。症状があらわれた場合には、合併症を起こしている場合がほとんどです。しかも、血圧が高いことで併発する病気は、比較的重大な症状を引き起こすことが多いので、注意が必要です。

血圧が高いと、動脈硬化になるのでしょうか?

血圧が高いことに起因する病気のひとつに、動脈硬化があります。動脈硬化を発症すると、心臓から送り出された血液を運ぶ血管が、細くなったり硬くなったりすることで、様々な障害が起こります。動脈硬化で特に怖いのが、血流が止まったり、血管が裂けるなどして心筋梗塞や脳梗塞などの命に大きくかかわる病気を引き起こすことです。このような病気を防ぐためにも、血圧のコントロールは非常に重要なのです。

血圧が高くなると、心臓に大きな負担がかかるので、動悸を感じることがあります。血圧が高いと診断されて、動機を感じるようになったら、心疾患の可能性を考えなければなりません。しかし、その動悸が、本当に血圧の異常によるものなのかは、調べてみなければわかりません。動悸は、体からの何らかの合図です。安易な判断は危険ですので、必ず病院で相談するようにしてくださいね。

降圧剤とさようならできるかも!>白井田七で血圧コントロール

ページの先頭へ