高血圧の原因と症状について 

高血圧は、簡単に言えば血圧に高い圧がかかっている状態です。基本的には、一般に「上の血圧」と呼ばれる収縮期血圧140㎜Hgを超えると、高血圧と診断されるようです。また、「下の血圧」と呼ばれる拡張期血圧が90㎜Hgを保っても、やはり、高血圧と診断されます。

加齢や、食事をはじめとする生活習慣、遺伝など、様々な原因が絡み合って発症します。特に、塩分の取りすぎは高血圧に大きな影響を与えることは広く知られていますね。また、何らかの病気の症状として高血圧が発症することもあります。

高血圧は生活習慣病のひとつであり、沈黙の殺人者(サイレントキラー)と呼ばれるほど、自覚症状の現れにくい病気です。自覚症状があらわれてきた場合は、合併症を発症していることがほとんどで、その合併症は、脳卒中や動脈瘤、虚血性心疾患など、重篤な症状であることが多くあります。

日常的に、血圧の測定を行うことが、高血圧の早期発見には非常に重要です。血圧は一日の中でも一定ではありませんので、朝起きてすぐなど、測定する時間を決めて、正確な数値の変動をみることが大切です。病院だけの測定は、緊張などから、正しい血圧を測定することが困難な人もいます。

こちらのカテゴリーでは、高血圧の原因とその症状について詳しく説明していきたいと思います。

高血圧の原因と症状についてメニュー

  1. 高血圧の症状、めまい肩こり
  2. 高血圧の症状、頭痛
  3. 高血圧の症状、朝・夜 高い症状について
  4. 高血圧の症状、肩こりや目眩
  5. 高血圧の症状、吐き気
  6. 高血圧の症状、動悸・だるさ

ページの先頭へ