高血圧イライラ・ストレス 

イライラ、いらだち、ストレス

いらだちや怒りを感じると、血圧が高くなると言われていますよね。実際に、急激なストレスを感じると、人の体は血流が増え、血圧が高くなる傾向にあるようです。特に、血圧が高い症状を抱える人は、注意が必要です。

血圧をコントロールするために、ほとんどの人が病院で生活習慣の改善を指導されます。もちろん、薬を処方されることもありますが、薬に頼っているだけでは、いつまでたっても血圧が安定しないどころか、治療を続けていても症状が悪化する可能性があります。減塩は、食生活改善の基本ですが、今まで濃い味に慣れていた人が、急に薄味に慣れるには、思う以上のストレスを感じるものです。また、食べたいものを食べたいだけ食べることも難しくなりますので、いらだちを感じることも少なくありません。一気に食生活を改善しようと思うと、イライラが募り、続かないことも多々あります。医師や栄養士と相談しながら、徐々にすすめていきましょう。上手に行えば、味や量は慣れていきます。

また、溜まったストレスは、運動で発散できるとよい良いですね。適度な運動も、血圧のコントロールには欠かせません。無理のない範囲で、散歩などからはじめてみましょう。

血圧が下がらないストレスについて

血圧を下げるためには、病院を受診して適切な治療を受け、自宅でも、適度な運動を行い、食生活や生活習慣を改善しなければなりません。

しかし、自分では頑張って治療を続けていたつもりでも、血圧に大きな変化が見られないこともあります。そういった状況に焦りを感じることもあるでしょう。また、症状が悪化しているのではないかと不安に思うかもしれません。高い血圧の症状は、長い付き合いになりますので、定期的に病院に通い、治療を続ける必要があり、通院自体を負担に感じる人もいます。これらのことが、ストレスとなり、次第に蓄積されることも少なくありません。

ストレスは、溜め込みすぎると高血圧の症状を悪化させる恐れがあります。そのため、次第に悪循環に陥ってしまう心配があるのです。血圧の測定をこまめに行うのは良いことですが、値を気にしすぎる必要はありません。加えて、適度にストレスを発散させる方法を見つけましょう。適度な運動は、血圧の改善だけでなく、ストレスの解消にも良い効果をもたらすと言われています。ウォーキングやランニングなどの有酸素運動を、好きな音楽を聴きながらでも、景色を眺めて楽しんでみてはいかがでしょうか。の数値の推移を知ることは、自覚を持って治療を行うためには大切なことです。

降圧剤とさようならできるかも!>白井田七で血圧コントロール

ページの先頭へ