正常血圧・高血圧 基準について

正常血圧・高血圧 基準について

高血圧と呼ばれるには、基準があります。一般的に「上の血圧」収縮期血圧が140㎜Hgを超えると、高血圧と診断されます。また、「下の血圧」と呼ばれる拡張期血圧が90㎜Hgを保っても、高血圧と呼ばれる状態です。

血圧は日々変化しますし、測定の時間や状況によっても大きく異なりますので、計測は同じ時間に同じ状況で行うようにしましょう。日々のこういったきちんとした計測が、サイレントキラーと呼ばれる、症状の出にくい高血圧を発見するカギになります。
高血圧とまではいかなくても、正常高血圧と呼ばれる状態が、縮期血圧が130~139㎜Hg、拡張期血圧が85~89㎜Hgとされており、この数値の範囲の方は、高血圧の予備軍と考えて良いでしょう。

それ以下の縮期血圧が120~129㎜Hg、拡張期血圧が80~84㎜Hgが正常血圧と呼ばれ、問題のない範囲ではありますが、若干の注意が必要です。特に、脳卒中や心筋梗塞の確率は、安全とされる至適血圧に比べると、若干ですが上がってしまいます。ひどく神経質になる必要はないと思いますが、生活習慣の改善や食事、軽い運動など、高血圧の予防に努めるようにし、自分の血圧の変化に注意を払うようにしてくださいね。

血圧上下の差について

血圧の話をするとき、「血圧の上が…」とか、「血圧の下が…」と言うような表現をしますよね。
上の血圧と呼ばれるのが、心臓がギュッと血圧を送り出した時の圧力「収縮期血圧」のことを指します。他にも、最高血圧と言うような呼ばれ方をすることもあります。収縮期血圧が140㎜Hgを超えると、高血圧と診断されます。

下の血圧は、血液が心臓に戻って心臓が開いた状態の圧力「拡張期血圧」のことです。最高血圧の逆に、最低血圧と呼ばれることがあります。上の血圧が正常の範囲内であっても、拡張期血圧が90㎜Hgを超えると、高血圧ということになります。

この2つの血圧の差が40~60であれば、正常の範囲です。この範囲を超えていると、動脈硬化などの可能性があります。また、差が40~60を下回っていた場合は、心不全などが疑われます。
特に、動脈硬化の進行具合と血圧の上下差には、大きな関わりがあります。動脈硬化の可能性が疑われる人は、上と下の血圧の数値だけでなく、数値の差にも充分な注意が必要です。もちろん、個人差がありますので、少しでも気になることがあれば、医師に相談しましょう。また、普段から決められた時間にきちんと測定をして、健康管理に努めてくださいね。

降圧剤とさようならできるかも!>白井田七で血圧コントロール

ページの先頭へ