血圧 年齢・年代ごとの平均値・基準について

血圧 年齢・年代ごとの平均値・基準について

血圧は、年齢を重ねるとともに上がっていくと言われています。年代ごとの血圧の平均値を見ると良くわかると思います。血圧の基準は、年齢や性別によって、若干の違いがあるのです。

平均値は、血圧の正常値ではありません。特に、30代からは、高血圧の人が増えますので、自分が平均の範囲内であっても、注意が必要です。高血圧の心配がほとんどない血圧の適正値は、上の血圧と呼ばれる収縮期血圧が120mmHg以下、下の血圧と呼ばれる拡張期血圧が80mmHg以下とされています。また、注意が必要ですが、正常値とされる血圧が、上の血圧が140mmHg以下、下の血圧が90mmHg以下と言われています。
薬も運動も必要ありません!自分でできる血圧を下げる方法とは?ココをクリック>>

年代別 上の血圧の標準値

    • 30代 117mmHg前後、
    • 40代 125mmHg前後、
    • 50代 131mmHg前後、
    • 60代 137mmHg前後、
    • 70代以上 141mmHg前後

上の血圧の平均値年齢を重ねるごとに上がっていきます。また、性別によっても若干の違いがあります。日本高血圧学会が発表している、「高血圧ガイドライン」というものがありますので、年代別の詳しい平均値を知りたい場合は、そちらを参考にされると良いと思います。

年齢が上がれば上がるほど、血圧に対する注意が必要であることがわかっていただけたと思います。30歳を超えたあたりから、食生活や生活習慣に気を配るとともに、日々の血圧の測定や、定期的な健康診断をおすすめします。

最低血圧を下げる、血圧を下げたい悩みについて 

血圧は、一般的には上の血圧、下の血圧と表現されますよね。上の血圧とは、最高血圧、つまり、心臓が収縮し血液を押し出した時の血圧を指し、下の血圧とは、最低血圧のことで、体内を巡った血液が心臓に戻ってきたときの血圧を指します。

この、上の血圧と下の血圧には正常値とされる値が設けられています。性別や体格によって、正常値の範囲は多少異なりますが、一般的には上が140以上か下が90以上の場合には高血圧と診断されます。上の血圧ばかりに目が行きがちですが、上の血圧が正常であっても、下の血圧が高い状態でも、体に様々な弊害が生じます。下の血圧が高い人の多くが、高血圧の初期症状であると考えられています。本格的に高血圧を患う前に、血圧のコントロールを心がけましょう。

まずは、生活習慣の改善が必要ですね。これは、高血圧を抱える人の多くが指示されることと思いますが、最低血圧が高い人も同じです。カリウムの多い食品を取り入れたり、塩分を控えた食事をはじめとする食生活の改善、適度な運動、ストレスを溜め込まないなど、すぐにできることがたくさんあります。無理をして一気にこれらを取り入れると、余計にストレスになるかもしれません。医師と相談しながら、できることから始めていきましょう

降圧剤とさようならできるかも!>白井田七で血圧コントロール

ページの先頭へ