正常血圧・高血圧 基準について

高血圧と呼ばれるには、基準があります。一般的に「上の血圧」収縮期血圧が140㎜Hgを超えると、高血圧と診断されます。また、「下の血圧」と呼ばれる拡張期血圧が90㎜Hgを保っても、高血圧と呼ばれる状態です。

血圧は日々変化しますし、測定の時間や状況によっても大きく異なりますので、計測は同じ時間に同じ状況で行うようにしましょう。日々のこういったきちんとした計測が、サイレントキラーと呼ばれる、症状の出にくい高血圧を発見するカギになります。
高血圧とまではいかなくても、正常高血圧と呼ばれる状態が、縮期血圧が130~139㎜Hg、拡張期血圧が85~89㎜Hgとされており、この数値の範囲の方は、高血圧の予備軍と考えて良いでしょう。

それ以下の縮期血圧が120~129㎜Hg、拡張期血圧が80~84㎜Hgが正常血圧と呼ばれ、問題のない範囲ではありますが、若干の注意が必要です。特に、脳卒中や心筋梗塞の確率は、安全とされる至適血圧に比べると、若干ですが上がってしまいます。ひどく神経質になる必要はないと思いますが、生活習慣の改善や食事、軽い運動など、高血圧の予防に努めるようにし、自分の血圧の変化に注意を払うようにしてくださいね。

こちらのカテゴリーでは、高血圧の基準や正常血圧について詳しく説明しています。

正常血圧・高血圧 基準メニュー

  1. 正常血圧・高血圧 基準について
  2. 正常血圧について
  3. 年齢・年代ごとの平均値・基準血圧について
  4. 血圧150,160は高い?

降圧剤とさようならできるかも!>白井田七で血圧コントロール

ページの先頭へ