空腹時の血圧を下げる、高血圧の症状について

空腹時の血圧(高血圧)の症状について

空腹時は、血糖値が上がりやすい状態です。特に、糖尿病の人は注意が必要です。血糖値が上がると、血液の濃度が高くなり、心臓にかかる負担が大きくなるために、血圧も高くなりがちです。空腹時の血圧を下げようと思うのであれば、まずは、血糖値のコントロールを意識すると良いでしょう。

特に空腹時の血圧や血糖値は、病院できちんと測定してもらい、医師と相談しながら症状に合った改善方法を探していきましょう。病院での治療はもちろんですが、普段の生活の中でも、血圧のコントロールのためにできることがあります。まずは、基本的な生活習慣の改善です。早寝早起きはもちろんのこと、適度な運動や、正しい姿勢を保つなど、少し気を付けるだけで、高血圧の症状を改善する効果が期待できます。また、食生活においても、塩分や糖分の過度な接種、高カロリーな食事の制限など気を付けていきましょう。もちろん、食べる量も腹八分目ぐらいにとどめるようにします。しかし、長時間空腹の状態も血圧にとっては良いものではありません。食事の時間のコントロールを上手く行うようにしてくださいね。

血圧の測定は、毎日決まった状態で、決まった時間に行うことが基本です。健康管理の一環として、続けることが大切ですね。

降圧剤を飲んでも(服用しても)血圧が下がらない高血圧の症状

高血圧の症状を安定させるために、降圧剤が処方される人も多いですよね。しかし、症状や体質によっては、処方された降圧剤を飲んでも、血圧が下がらないということがあります。

服用を開始してから慌てることの無いように、服用しているその薬が、服用後すぐに効果が期待できるものであるのか、数日間飲み続けることで、徐々に効果が出てくるものであるのか、自身がきちんと知っておかなければなりませんね。自分のこれからの健康を管理する薬になります。処方時に、薬剤師からしっかりを説明を受けることが大切です。

もし、効果が期待したほどあらわれなかったり、副作用を強く感じるような場合には、すぐにかかりつけ医やかかりつけの薬局などに連絡を取り、指示を仰ぐようにしてください。緊急を要するような事態であれば、かかりつけでなくても、救急病院に連絡を取り、すぐに受診するようにしましょう。
また、時間帯やタイミングによって、降圧剤を飲んでも血圧が下がらない場合があります。きちんと血圧の測定を行い、医師と相談しながら降圧剤を使用することで、より効果的に降圧剤を使用することができます。
もし、治療方法に拭いきれない不安があれば、セカンドオピニオンを求めるのも一つの方法です

降圧剤とさようならできるかも!>白井田七で血圧コントロール

ページの先頭へ