血圧が下がる食べ物・飲料・飲み物について

食事に注意するすることは血圧のコントロールの基本です。減塩を心がけ、カロリーにも気を配る必要があります。そのうえで、血圧を下げるために良いとされている食べ物や飲み物を取り入れていきましょう。

海藻類やキノコ類は、血圧の改善に効果的な食材として、しばしば紹介されていますよね。他にも、ほうれん草や小松菜、しいたけなど、様々な食べ物が血圧が下がるとされています。他にもたくさんありますので、取り入れやすいものを探してみてください。
この食事療法だったら3日で血圧は下がります!詳しくはココをクリック>>

普段の飲み物も、血圧に効果的なものを取り入れると良いですね。様々な飲み物が血圧を下げる効果があると言われています。中でも緑茶は、馴染みが深く、慣れていて飲みやすいので、多くの人が実践されています。他にも紅茶や干しシイタケ茶、玉ねぎ茶などお茶類は種類が豊富です。黒酢やトマトジュース、ココアもありますね。飲み物は手軽に持ち歩け、いつでも摂取することができますので、自分の体調や好みに合ったものを選びましょう。
良いとされるものを取り入れるのは良いことですが、そればかりになると、栄養が偏ってしまい、健やかな生活に悪影響を与えてしまうこともあります。何事も適度に取り入れて、血圧の改善をおこなっていきましょう。

血圧に 緑茶・烏龍茶(ウーロン茶)・バナナはいいのでしょうか?

血圧のコントロールに効果的と言われる食べ物はたくさんあります。もちろん、そればかりに偏るのではなく、塩分を減らした食事とカロリーを控えた腹八分の食事を心がけ、バランスよく栄養を取ることが大切です。しかし、普段の食事に手軽に取り入れられるもので、他の栄養の摂取を阻害するものでなければ、毎日でも取り入れてみましょう。

毎日手軽に取り入れられるものの代表が、飲み物ではないでしょうか。特に、緑茶は、血圧のコントロールに有効だとしばしば言われています。とくに、緑茶のカテキンは、血圧を下げる効果があります。
薬も運動も必要ありません!自分でできる血圧を下げる方法とは?ココをクリック>>

また、カテキンよりも、ポリフェノールの効果によって血圧のコントロールを期待できるのが、烏龍茶です。烏龍茶には、脂肪の分解を促したり、消火を助ける働きがあるので、血圧の上昇を防ぐ効果があると言われています。食事中や食後などに、緑茶や烏龍茶を取り入れてみてはいかがでしょうか。
朝食に、バナナを食べている人も多いかと思います。一時期には、朝バナナダイエットというものも流行りましたよね。バナナは、カリウムが豊富なので、塩分を体外へ排出する効果があります。また、栄養のバランスも良いので、朝食に取り入れるのは、ダイエット効果だけでなく、血圧のコントロールの面でも非常に有効だと思います。

降圧剤とさようならできるかも!>白井田七で血圧コントロール

ページの先頭へ