降圧剤の副作用とサプリメントについて

高血圧 薬による副作用はありますか?

高血圧を患うと、症状によっては、薬によって血圧をコントロールすることになります。医師が十分診察を行い、症状に合わせて処方しますが、中には副作用を感じることもあります。薬を処方される際に、薬剤師からその効果と副作用について説明が行われると思います。自分がこれから体調を管理するために付き合っていかなければならない薬です。どのようなものなのか、きちんと把握しておくことが大切です。

高血圧で処方される薬は、主に血圧を下げる効果があるものになります。そのため、動悸やほてり、めまい、血圧が下がりすぎることで起こる体調不良などがあげられます。

また、他に抱えている病気や、高血圧以外で服用している薬の飲み合わせなどによっては、様々な副作用が起こることが考えられますので、問診の際には、どんな小さなことでも、医師に話をしておくようにしましょう。どんなに事前にしっかり、検査や問診を行っていても、実際に薬を服用してみなければ、症状や体質に合うかどうかはわかりません。薬を飲んで、体調に異変を感じたら、自己判断はせず、すぐにかかりつけ医か、かかりつけの薬剤師に連絡を取り、指示を仰ぐようにしてくださいね。

血圧を安定させる薬/サプリについて

血圧を安定させる薬は、降圧剤がメインになります。降圧剤は、心臓の動きを助けるものや、血管の拡張作用があるもの、利尿作用によって血圧を下げるものなど、様々です。他にも、漢方薬が用いられることもあります。これらは、その効果はもちろん、副作用もありますので、きちんと、医師や薬剤師の指導に従って服用することが大切です。

薬だけではなく、サプリメントの中にも、血圧の安定に効果的と言われるものがあります。カルシウムやカリウム、田七人参、黒酢など、他にも様々なサプリが血圧の安定に効果的と謳って販売されています。もちろん、サプリは薬ではありませんので、それだけで血圧を安定させることができるとは限りません。医師による適切な治療を受けたうえで、補助的に取り入れると、より大きい効果が期待できるのではないでしょうか。

サプリの中には普段使用している薬と相互作用を持つものがあります。特に、グレープフルーツなどの成分は降圧剤を服用している人にとっては、避けなければならないものです。素人には難しいこともあると思いますので、医師による処方ではなく、自己判断でサプリを服用する場合には、必ず、事前にかかりつけの薬剤師等に相談した後に、取り入れるようにしましょう。

降圧剤とさようならできるかも!?白井田七で血圧コントロール

ページの先頭へ