降圧剤は怖い??雑誌の記事を鵜呑みにしないで!

雑誌の記事で医療機関が大迷惑しているそうですが・・・・

私が降圧剤をやめたのは、単純にたまたま他の目的で飲んだ白井田七という田七人参のサプリメントが、高血圧にも効いてきたからでした。

意図して降圧剤をやめようとした訳ではなく、たまたまサプリメントで血圧が下がってきたのでやめてみた、ということです。

ですが、最近週刊誌で降圧剤や糖尿病などの西洋のお薬をバッシングするような記事が連載され医学会で大問題になっているようですね。

少しだけ読んだのですが、例えば降圧剤は血圧を下げすぎるので脳梗塞のリスクがあるのでダメ、だとか書かれていました。

これ読んだだけで、この記事おかしくない?と思いました。

というのも、下げすぎるって、そんなの毎日血圧測ってたら自分の血圧が薬飲んでどれだけさがってるのわかってるし、血圧が下がりすぎてたら、止めるなり、配合量の少ない薬に変えてもらうのは、高血圧に悩んでいる患者なら当たり前にやってることだよ、と思ってしまいました。

さらに雑誌には降圧剤を飲んだからといって寿命が伸びるわけでない、とか、血圧を下げるということは生命力を下げて、仕事や生活の意欲が低下してうつ病のようになってしまった人もいる、なんて書かれてありました。

どんなお薬にも副作用はあって当たり前。

それが重篤でいろんな人にでるのであればそのお薬はダメだと思うけど、こんな副作用出た人きいたこともないです。
ほんとに、もしかしたら生命力さがっちゃった人いるかもしれないけど、それが副作用かどうかもわかんないでしょ。
ストレスのほうが可能性高いんじゃないの?

むしろ、寿命は伸びないだろけど、高血圧を放っておくといつか血管がきれちゃう可能性が、正常な人よりもぐっとあがるってこと、どっかに置いているよね。

こんな医者には絶対にかかりたくない!

もっとひどい内容があって、(これはちょっと前の記事ですが同じ週刊誌の記事です)

現役医師20人に聞いた「患者には出すけど、医者が飲まないクスリ」というちょっと前の同じ雑誌の記事にこんな内容のものがありました。

○○クリニック(東京・蒲田)の院長、○○医師は「あるクスリ」を飲んで命を落としそうになった経験がある。

「私が研修医の頃でした。毎日深夜まで働いて身体がひどく疲れているときに、風邪をひいてしまったんです。熱があって鼻水もすごく出ていたので、症状が治まればいいと風邪薬を飲みました。

仕事を終え、車を運転して自宅に帰っている途中、ものすごい眠気が襲ってきた。危うく事故を起こしそうになったんです。自分だけでなく、他人の命まで奪ってしまうところでした。あのクスリはもう飲みたくないですね」

そのクスリとは、非ピリン系感冒剤顆粒。商品名で言えば、「PL配合顆粒」などの風邪薬だ。風邪をひいて病院に行けば、かなりの確率でこのクスリが処方される。辛医師が続ける。

「当時、風邪薬でここまでひどい副作用が出るとは思っていませんでした。風邪の症状を抑えるのにはいいクスリですが、人によって副作用の出方がかなり異なる。今はそれをきちんと患者さんに説明してから処方するようにしています」

こんな医者が本当にいるのでしょうか?

医者のくせに、疲れてクタクタの上に、風邪薬飲んで運転って・・・

どんだけ自己管理できてないんだ!

医者でもないし、医療従事者でもないわたしでもそんな状態で風邪薬飲んで絶対に運転なんかしちゃいけないって知っています。お酒飲んで運転するのと同じくらい危険でしょう。

もし事故おこしてだれかを殺めてしまったら、危険運転致死傷罪適応されるんじゃないですか?

絶対この医者にはかかりたくないとおもっちゃいました。

なんでも活字になったら信じてしまいそうになりますが、かなりダメなパターンの記事ですね。

一般読者を煽って、医療不信を起こさせてなにをしたいのかはわかりませんが、この記事のせいで、医療機関でみなさんが先生に自分の薬は大丈夫か、とか、薬を止めたい、とかつめよって大変なことになっているという記事も読みました。

雑誌は売れて、雑誌社の人は万々歳かもしれませんが、それのお陰で病院での待ち時間が増えたり、医者やナースの勤務時間が伸びて医療費が増大しているのであれば、大問題です。私達の税金や社会保険費がムダに使われている、ってことなんですもの。

100%医者を信じている訳ではありませんが、この記事はほんと、だめだらけですよね。

話がだいぶ逸れましたが、降圧剤は決して自分の判断でやめてはいけません。

血圧を下がるダイエットなり、運動なり、わたしのようにサプリメントなりを飲んでさがってきてるのであれば、先生に相談して徐々にお薬を減らしていって、いいと思いますが、下げることもしていないのに、いきなりお薬を自分の判断でやめてしまっては危険です。

絶対に止めましょう。

降圧剤とさようならできるかも!?白井田七で血圧コントロール

ページの先頭へ