降圧剤やめよう!高血圧解消に田七人参

私は40代後半主婦です。

長年高血圧悩んでいて、年齢が上がるに連れてさらに上がってきました

降圧剤を飲み始めて数年、去年までは武田製薬のブロプレスの4mgでしたが、なかなか血圧が高いことが続き、ついには今年に入るブロプレスの8mgになってしまいました。

降圧剤であるブロプレス錠は2mg/4mg/8mg/12mgの4規格があり、私はその3段階目にまで到達していたということです。

ご存知の通り、降圧剤は一時的に血圧を下げるだけ、と対処療法で、根本的に血圧を下げてくれるというものではありません。

ですので、根本的血圧を下げない限り、私達高血圧の人間は降圧剤を基本死ぬまで飲み続けなければならないのです。

しかし、私、ある物を飲んだお陰で、降圧剤を飲まなくてもすむようになったんです。

それが、この田七人参のサプリ、白井田七だったのです。


私が降圧剤を止められた白井田七はこちらでお得に購入できます>>

きっかけは更年期

40代後半ともなると、更年期の症状にいろいろと悩まされるようになりました。
(高血圧は40代前半から更年期と関係なく発症していました)

ホットフラッシュ、ほてり、やる気が出ない、体がいつもだるい・・・

そんな症状が出ていて困っていたので、更年期になにかよいサプリメントはないだろうと、いろいろと探し回ったのです。

そこで出会ったのが、この白井田七という田七人参のサプリメントでした。

田七人参にはめぐり成分のサポニンや、フラボノイド、ギャバなど、どれもこれも体に良いと言われるものばかり含まれていて、なんだか更年期に効きそう!と思ったのです。

人参といえば、韓流ドラマでよく朝鮮人参が王様とかが病気の時に飲んで良くなる、というシーンをよく見ていたので、なんとなく元気になれるんだろうなあという印象がありました。

しかし、この田七人参はそのドラマでみていた高麗人蔘よりも7倍の量のサポニンが含まれているそうなんですよ。

これが田七人参ですが、高麗人蔘と違ってずんぐりとしていて、元気がみなぎっているという感じがします。(あくまでも私の印象です)

朝鮮人参は高級だということは知っていましたが、それよりも体に良いという田七人参なので、すごくお高いと思っていたのですが、白井田七というサプリメントは、そこまでお高くありませんでした。

1ヶ月あたり3980円だったので、思わず購入しました。

私が降圧剤を止められた白井田七はこちらでお得に購入できます>>

白井田七人参はこんな商品

白井田七人参の箱

このような可愛らしい箱で、注文から数日で到着しました。

白井田七人参パッケージ

1ヶ月分がアルミのパウチに入っています。この他にも、瓶詰めタイプなどもあるようですが、流石に最初は小さめのパウチで注文です。

白井田七人参の冊子

最初の購入時には、白井田七の詳しい説明書きと、こちらのメーカーさんのその他の商品の紹介などがありました。
この冊子によると、この白井田七の白井というのは、白井さんという方のお名前で、その方が私財をなげうって中国に土地を買い、何年もかけて無農薬有機農法で田七人参を栽培されている話が書かれていました。

白井田七人参開け方

パウチは手でも簡単に開けられるので手軽ですね。

白井田七人参錠剤

白井田七人参

粒はそれほど大きくはありません。この白井田七は、98%が田七人参で、その他2%は有機玄米という、とてもシンプルなサプリメントです。 更に、コーティングなどもしていないので、口に入れいると、結構田七人参の味がダイレクトに伝わります。

田七人参の味は知りませんでしたが、ごぼうのような風味があります。

ちょうど、少し前に流行ったごぼう茶のような味です。

ごぼうがニガテな人は飲みにくいかもしれませんが、科学的な味ではなく自然の味ですので、この程度は我慢して飲めると思えます。

しばらくすると、味にも慣れてきますよ。

私が降圧剤を止められた白井田七はこちらでお得に購入できます>>

更年期はどうなった

結論から言うと田七人参は、更年期にかなり効果ありました。

とにかくやる気がでなくて、体がだるくて、毎日どんよりと過ごしていたのですが、この白井田七を飲み始めて10日くらい後、元気とやる気が出てきて、なんだかどこかにでかけたい気分になって、思い切って行きたかった美術展に出掛けてきたんです。

それはなんと、あの行列で話題になった伊藤若冲展で、2時間以上行列したのですが、家に帰ってもすごく元気、次の日に疲れて動けなくなるかと思っていたのですが、全然元気で翌日も普通に家事に仕事にがんばれたのです。

それからは毎日元気で、友達と合うのも億劫だったのが、元気一杯で、いろんな友達に声をかけて、ランチやらお花を見に行ったりと毎日忙しくしています。

思わぬ副(福)作用が・・・

そこに思わぬ副作用(福作用)もありました。

それが、血圧です。

毎日血圧を測っているのですが、なんだかいつもより血圧が低くなっていたです。

いつもは降圧剤を飲んでいても、上が130前後、下が80~90前後で落ち着いていたのですが、2週間くらいしたころから、上が120くらい、下が70前後くらいにまで落ちているのです。

初夏になって気温が上がってきたから下がって来たのかと思っていました。

ちょうどかかりつけの医者に降圧剤を貰いに行く時期でしたので、病院で測ってもらっても、やはり低いのです。

すると先生が

「いい感じだから、夏だし薬ちょっと減らしてみようか」と言われて、ブロプレスの8mgが4mgに戻ったのです。

私が降圧剤を止められた白井田七はこちらでお得に購入できます>>

更に血圧は下がり続けて・・・

それからはブロプレスの4mgを毎日飲んでいたのですが、1週間、2週間するとさらに下がり続けて、ある日の朝なんて、上が110、下が70を切っていたのです。

これはちょっとヤバイ、と思って、自己判断でブロプレスの降圧剤を飲むのをやめてみたのです。(私はもうすぐ50になりますので、あまり低すぎるのもよくないと思ったのです)

すると、数値は落ち着いて、上が120前後、下が75くらいで毎日落ち着いてくるようになりました。

心当たりがあるとしたら、飲み始めた田七人参しかありません。

更年期のサプリメントだと思っていたのですが、よくよく調べてみると、田七人参には、他にも様々な効能があって、その中の一つに血圧を正常にする、ようなこともあるようなのです。

抗酸化作用や抗菌作用、血行促進などの効能もあるようで、私にはこれが作用して、血圧が結果的に下がったようです。

今まで血液サラサラを目的に某大手飲料メーカーのDHAサプリメントを飲んでいても、なにも変わらなかったのが、この白井田七を1~2ヶ月飲んだだけで、ここまで血圧が改善するとは驚きでした。 (白井田七を飲見始めたので、某DHAはやめました)

更に田七人参には、インスリンと同様に、血糖値をコントロールする働きもあるようで、血糖値も高めの私は次回の健康診断が楽しみでなりません。

私が降圧剤を止められた白井田七はこちらでお得に購入できます>>

そして、降圧剤やめました!

先生にこういう状態だということを説明すると、しばらく降圧剤は休みましょうということになりました。

先生も驚いていましたよ。たった1~2ヶ月やそこらのサプリメントで、これまで何年も飲み続けていた降圧剤が必要ないくらい、血圧が下がったのですから・・・。ww 西洋医学の顔丸つぶれ、ですね。

と、いっても、主治医の先生は漢方もできる先生なので、田七人参ってやっぱりスゴイんだね~と言ってくれました。
(朝鮮人参が入った処方の漢方薬はいろいろあるけど、田七人参がはいったものはないなあ、とも言ってました)

もちろん、いつでも飲めるように1ヶ月分のブロプレス降圧剤は処方してもらいましたが、あくまでも安心の為ということで、基本降圧剤は飲まないことになりました。

西洋医学のお薬は基本すべて対処療法です。体の中から改善してくれるものではありません。降圧剤も高い血圧を低くするだけの対処薬ですので、一生のみ続ける必要があるのです。

私もすごく痩せるとか、運動が大好きにならない限り血圧は下がらないだろうとおもっていました。そして、一生降圧剤を飲み続けなければいけないと思っていました。

しかし、そんな私が降圧剤をやめることができたのです。それは、この白井田七のおかげです。

白井田七人参

もし貴方も高血圧で降圧剤を止めたいとおもっているのであれば、この白井田七オススメします。

ただし、降圧剤は急に飲むのを止めると急激に血圧が上がってしまうことになりかねませんので、非常に危険です。ここで紹介したのは、あくまでも私の体験談であって、高血圧でお悩みの方すべてに効果があるとは限りません。

ですので、自己判断で降圧剤は止めないください。お医者様と相談の上、白井田七人参を飲みながら、徐々に降圧剤の量を減らすなどして、止めるように頑張ってみるのがよいでしょう。

私が降圧剤を止められた白井田七はこちらの公式サイトでお得に購入できます>>

 

 

ページの先頭へ